サッシにシャッターを取り付ける必要があるのか?

新しく家を建てる時にリビングには大きな掃き出し窓を計画することが多いと思います。リビングからウッドデッキに続く開放的な空間は憧れますし、その先にある芝の上を子どもが走り回る映像が頭に浮かびます。

大きな掃き出し窓を計画すると防犯やプライバシーの観点から、雨戸やシャッターを取り付けるケースがあります。

雨戸は日本で昔から使われているものですが、開口部の横に雨戸を閉まっておく場所が必要になり、その部分は壁が必要になります。その反面、シャッターは上部に巻き上がる事から収納スペースが小さくなり、間取りの制約が少なくなります。

shutter

今回はシャッターにピックアップをして、シャッターの良い点、悪い点をチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク
ad(336*280)

シャッターの利便性と制約

シャッターは雨戸に比べて横方向に雨戸収納スペース(戸袋)が必要ないことから、収納スペースが小さくなりますが、高さ方向で制約が出る可能性があります。

大きな掃き出しサッシの高さを標準で2m、低めで1.8m、高めで2.2mぐらいが一般的であると思います。シャッターはサッシ上部に付いていることから、1.8mのサッシであれば手が届くと思いますが、2mの場合は背の低い女性は届かない場合があり、2.2mでは男性であっても届かないことがあります。

シャッターに手が届かない場合には標準で付けられているヒモを利用して閉めますが、決して閉めやすくはありません。シャッターの開け閉めがめんどくさくなれば、開け閉めをする回数が減り、シャッターを取り付けた意味が弱くなってしまいます。

おおよそ手の届く1.8mのサッシを採用した場合、掃き出し窓ならではの開放感や室内に入ってくる太陽光が減ってしまいます。

実際に家で生活をする人の身長がどの程度なのかに合わせて、一度話し合った方がよいかと思います。

シャッターはあると安心だけれど、無くてもいいかも

大きな掃き出し窓にシャッターを取り付けた方がよいと考えられるのは、お隣や正面に住宅がなく田畑などのケースです。遮るものが無く建物に直接風が当たるような場所では、風が強い台風時などは木の枝やどこかの家から飛んできたものが、窓に当たる可能性があります。

逆に住宅地の中では住宅地全体に風が当たることから、物がすごい勢いで飛んでくる可能性は低くなります。大きな掃き出し窓の近くに樹木を植えるなどすることで、さらに風当たりを弱くすることができおすすめです。

シャッターに断熱性能を求めてもよいですが、関東より南の地域であればペアガラスや樹脂サッシで十分な断熱性能を得られますし、防犯のためにシャッターを取り付けられるケースもありますが、日中にシャッターが閉まった家があれば「留守です」と看板を掲げているようなものです。

シャッターはあると安心ですが、生活をイメージした上で「あまり使用しないな」と思われれば、取り付けない選択も十分にあります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事