子ども部屋や寝室にガラス入り建具を使用する?

【無料】見積書を比較するだけで、最大50%オフ!?リショップナビ 見積もり

小学生中学年や高学年頃になると、子どもから「自分の部屋が欲しい!」と言われることがあると思います。今まで寝室のベッドで家族と一緒に寝ていたり、リビングやダイニングの一角にデスクを置いて勉強をさせている家庭が多いと思いますが、いずれは考えなければならない問題です。

子どもが思春期に入ると難しい時期ということもあり、親にとっても、子どもが自分自身と向き合う時間を作ってほしいとも思うこともあります。

そこで悩むポイントが子ども部屋の扉(建具)です。扉を閉めると、リビングやダイニング、廊下などから完全にシャットアウトできてしまう作りは心配になるポイントです。

スポンサーリンク
ad(336*280)

子ども室の扉にガラスを入れて繋がりをつくる

子どもが子ども室の扉をピシャンと閉め切ってしまうと、子どもが子ども室の中で何をしているのか全く見えなくなってしまいます。子どもを信用していない訳ではありませんが、家族の視点で見ると見えないことは不安です。

子ども室の扉を全面板張りの扉(フラッシュ戸)とせず、扉の中にガラスがはめ込まれた扉とします。大きなガラスでは部屋の中が全て見えてしまい、子どもが嫌がる可能性が高いため、小さなガラスにしてもよいです。

また、ガラスに型板ガラスやスリガラスを採用することで、ボンヤリとしか部屋の中が見えなくなるため、プライバシーを保ちやすくなります。

直接部屋の中が見えなくても、子ども室の光がリビングやダイニング、廊下などに漏れてくることで「もう寝たかな?」など、生活リズムを知ることができます。

リフォームの適正価格を10秒で相場チェック!

リノコではあなたの街のリフォーム相場価格を(10秒で無料診断することができます。施工店とは別の第三者機関だからこそより正確な情報をお伝えできます。

あなたの街のリフォーム適正価格をチェック⇒【 リノコリフォーム

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事