高すぎる!?魅惑のセラミックトップキッチン

キッチンのワークトップ(天板)の素材として、人工大理石やステンレスを採用したシステムキッチンが一般的でしたが、新素材であるセラミックトップを採用したシステムキッチンをLIXIL(リクシル)が販売し始めました。

LIXILはセラミックトップを採用したシステムキッチンに意欲的で、豪華な俳優が出演したテレビCMも頻繁に流れています。

セラミックトップの最大のポイントは、ワークトップの耐久性質感です。人工大理石やステンレスでは敵わなかった性能や見た目の良さがポイントです。

スポンサーリンク
ad(336*280)

セラミックトップをつくる会社

セラミックトップを採用したシステムキッチンを積極的に販売しているLIXILは2011年に住宅に関わるメーカーが合併してできた会社です。

合併した会社は、住宅の窓に採用されることの多いアルミサッシをつくっていた「トステム」「新日軽」、トイレなどをつくっていた「INAX」、キッチンなどを中心につくっていた「サンウェーブ」、外構などの塀やカーポートなどを中心につくっていた「東洋エクステリア」の5社です。

セラミックトップが採用するセラミックとは簡単に書いてしまうと「焼きもの」のことで、セラミック技術を持つINAXの技が採用されています。

セラミックトップのここがすごい!

セラミックトップは、焼きものならでは耐久性と質感が最大の魅力です。

圧倒的な耐久性

セラミックトップは「熱に強く」、「キズに強く」、「汚れに強い」素材です。熱せられたフライパンをそのまま置く演出や、まな板を使用せず包丁で野菜を切る演出も行われるほどです。

については、人工大理石は変色してしまうためフライパンを置くことはできませんし、ステンレスは熱に強いですが、熱せられたフライパンをそのまま置くことはできません。

キズについては、実際にショールームにてワークトップ(天板)に顔を近づけて斜めから見てみるとセラミックトップはキズが明らかに少ないです。人工大理石には無数の細かいキズが確認できますし、ステンレスも同様に細かいキズが付いていきます。

汚れについては、セラミックトップはステンレス同様に調味料などが染みこみにくい素材です。

他のワークトップにはない質感の高さ

セラミックトップの質感は高いです。表面の素材感だけではなくセラミックトップが醸し出す空気に奥行があります。人工大理石は「人工大理石」という名称ですが、主成分はアクリル樹脂やポリエステル樹脂のため、雰囲気は石っぽいですが嘘っぽさがあります。

ステンレスも素材として格好いいですが、シンプルで無機質なイメージがあり、インテリアを選ぶワークトップ(天板)でした。セラミックトップはより幅広いインテリアに合う素材です。

価格が高すぎる!?セラミックトップキッチン

今までのシステムキッチンのワークトップ(天板)は、インテリアに合う人工大理石か耐久性の高いステンレスかを選ぶ必要がありました。セラミックトップは両方を備えているため、迷う必要がなくなりました。

ただ、難点があるとすれば価格です。

セラミックトップは価格が圧倒的に高いのが現状です。セラミックトップを採用したシステムキッチンの価格は200万円から300万円と高く、売れ筋のシステムキッチンの価格が60万円から100万円である現在、2倍から3倍の価格というのが現状です。

セラミック技術がなければつくることができないセラミックトップは流通量が少なく、他社も簡単に真似できないことが原因のようです。

他の業者にも卸していない?

セラミックトップは他社に卸していないと言われています。業者がセラミックトップだけをメーカーから購入をして、別の引き出しなどを取り付けてキッチンをつくることもできないようです。

高い耐久性・高い質感があるセラミックトップですが、現在はLIXILのシステムキッチンを購入する方法以外にはなさそうです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事