24時間換気扇の音がうるさい時の対策

24時間換気扇は家中の空気を換気してくれる機器ですが、リビングでホッとしたい時や寝室で就寝したいときに「ボォー」と24時間換気扇の風切り音がうるさいな感じるときがあると思います。

24時間換気扇の音がうるさい時は、換気扇の速度を弱める(強→弱に変える)、24時間換気扇のスイッチをオフにする方法がありますが、それ以外の方法も考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
ad(336*280)

24時間換気扇は必要?

24時間換気扇が住宅に取り付けられるようになったのはシックハウス症候群の対策として換気が有効であると解明されたことに始まります。

シックハウス症候群とは、住宅の内壁に張られる合板やビニルクロスなどを貼るときに使用する接着剤に含まれる化学物質が自然に揮発し室内に留まることで、その化学物質を吸ったり、浴びたりした人が目眩や吐き気、頭痛などの健康被害を引き起こすことをいいます。

2003年の建築基準法の改正で、新築や増改築などを行う全住宅に24時間換気扇の設置が義務化されました。住宅の大きさにより法律で求められる24時間換気扇の能力は異なります。

住宅をつくるハウスメーカーや工務店、設計事務所などは、法律を守らなければ罰せられる側の人であるため「24時間換気扇のスイッチは24時間付けておいてください」としか言えない状態であり、現状では24時間換気扇を止めることは家主の自己責任となっています。

24時間換気扇の主な種類

24時間換気扇にはいくつかの種類があります。家に設置されている24時間換気扇はどのようなものでしょうか?

スイッチの有無 強弱の有無 対策
スイッチあり 強弱あり 強モードから弱モードに切り替える
スイッチあり 強弱なし 気になる時は24時間換気扇を止める
スイッチなし 24時間換気扇本体にあるスイッチで止める

24時間換気扇の種類は、通常の照明のオンオフスイッチと同じようにオンオフスイッチに加え、換気扇の強モードや弱モードの切り替えスイッチのあるもの、オンオフスイッチのみのもの、スイッチがないもの(本体に電源を止められるボタンがあるものなど)の3つです。

24時間換気扇に強弱モードがあれば、弱モードにすることで換気扇の音はかなり軽減され、スイッチをオフにすることで無音になります。

24時間換気扇は、定期的に羽根に付いた埃を取るなどの掃除を行うことで、モーターにかかる負荷が弱まり、モーター音や羽根の風切り音を小さくする効果が期待できます。

工事を行わず、24時間換気扇の音を弱める方法は上記以外にありません。

24時間換気扇をリフォームで取り替える

24時間換気扇の音がうるさい場合は、法律で定められた換気量が減らないように、同等以上の能力を持った新型の24時間換気扇に取り替えるのが一番です。換気扇は使用時間が長くなればなるほど、モーターの音がうるさくなる傾向にあります。

電気用品安全法では、モーターの寿命は9年とされており、製造メーカーの保障期間も1年である場合がほとんどです。24時間換気扇は機械であり、一生涯取り替えなくてもよい機器ではありません。

最新式の24時間換気扇はモーターが小型化され、静音化がされているものも多く、静音化に期待できます。

また、1つの換気扇で大量の空気を換気するのではなく、トイレや洗面所、浴室以外にも納戸やウォークインクローゼットなどに24時間換気扇を設置し、複数個の換気扇で少量の換気を行い、家全体トータルで換気を行うことで、24時間換気扇のファンの回転数を抑え、静音化させる方法もあります。

オンオフスイッチのない24時間換気扇にスイッチを増設する
電気工事を行うことで、オンオフスイッチのない24時間換気扇にスイッチを取り付けることもできます。(強モードや弱モードなどを増やすことはできません)24時間換気扇がまだ新しく、取り替えたくない時におすすめです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事