除草剤を使って草抜きの作業を時短する

春から雨期、梅雨明けから夏にかけて雑草が生い茂る季節となります。ついこの前まで小さかった草が1週間で大きくなり、横を見ると小さな草が花を咲かせて一生懸命に種を作ろうと生きています。草は抜いても抜いても、どこからか種が飛んできて草が生えてしまい、永久に終わらないのが現実です。

しかも雑草が増えてくると、世間から「だらしない家」と思われてしまいますし、庭の手入れが行われない家は泥棒から見ても「空き巣に入りやすい家」とチェックされがちです。

201608111355

草抜きは地味で大変な作業ですが、上手に楽をしながら適当に対応しておくのがよいです。

スポンサーリンク
ad(336*280)

過酷な草抜き作業を時短する除草剤

草抜きが大変なところは、草抜きをすることで指が痛くなるだけではなく、腰痛になったり、虫刺されたり、ミミズが出てきてビックリもします。草抜きをしても、褒められることは少なく地味な作業が永遠続く辛さもあります。

真剣に草抜きに向き合うのではなく、上手に楽をするために除草剤をしようするとよいです。

現在は庭に除草剤をまいたことで、土が汚染されたり、手荒れがしたり、虫がいなくなったりということが少なく、草などの植物にのみ効く除草剤が販売されています。(他に影響を与える除草剤もあります。必ずラベル等を確認ください。)
安全な除草剤を選び、除草剤で枯らしきれなかった草のみを抜くという方法が楽な方法です。

それでも、子どもが遊ぶ庭に除草剤をまけないという場合は、庭の中で草が生えてほしくないエリアは砂利敷きとして、生えてくる草の量を減らします。生えてきた草は素手で抜くと砂利で爪が傷つくため、軍手をはめて草抜きをします。防草シートやネットなどで対応してもよいですが、見た目はよくありません。
庭の中で子どもが遊ぶ部分を限定し、その部分だけ頑張って草抜きをします。

家を探している人へ・・・

家と同様に庭も常に手入れが必要な場所です。「草抜きはどうしてもしたくない」、「草抜きをしている時間がない」という方は、庭の面積を極力減らせるように、小さい土地を購入し、家を建てましょう。見栄で大きな土地を買っても後が大変です。

土地を小さくすることで、住宅にかかる資金を必要最小限に抑えることができますし、無駄な時間も減らすことができます。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事