観葉植物を置く場所は窓際がベスト

十数年前に観葉植物が流行しましたが、ここ数年再ブームしているように感じています。インテリア雑誌の片隅に写っていたり、ライフスタイル雑誌にも取り上げられることが多く、個性的な形をした植物が人気です。

観葉植物だけではなく、多肉植物やエアプランツ、サボテンなどが脚光を浴びていて、小さくて、育てやすく、成長もゆっくりのため、管理しやすいところがポイントになっているようにも思います。

201606150938

家の中で観葉植物や多肉植物、エアプランツ、サボテンなどを置く場所で一番適しているのは太陽光の当たる窓際です。太陽光がしっかりとあたり、風通しがよく、水を定期的にあげることが枯らさず育てるポイントになります。

スポンサーリンク
ad(336*280)

家具の上に観葉植物を置くのがベスト

観葉植物や多肉植物、エアプランツ、サボテンなど育てるためには、太陽光に当てて光合成をさせてあげること、風通しの良い状態を保ち、害虫や病気にならないようにすること、定期的に水や栄養を上げて枯らさないようにすることです。

植物にとって一番良い光は東からの朝日と南からの太陽光で、リビングやダイニングなどの南側の窓際が一番良い場所になります。窓を開けて風通しの良い環境をつくると植物は元気よく育ちます。

直接床の上に鉢皿を置いて植木鉢を置いてしまうと、水をこぼした時に床が濡れてしまい家が傷むことがある上、掃除機もかけにくく、ロボット掃除機も上手に掃除をしてくれません。そのため、棚やチェストを窓際に置いて、その上に植物を置くとよいです。

植物の種類により日陰がよい植物、湿った環境を好む植物など多種多様なため、育て方を店員さんに詳しく聞いて、置き場所を変えましょう。

エアコンの風は植物にとって大敵です。直接当たらないように風向きを考えましょう。

観葉植物は天井から吊すのもいい

賃貸住宅ではできませんが、持ち家であれば、天井に金具を取り付けることで、植物を吊すことも可能です。天井から植物を吊すことで、緑溢れるリビングやダイニング空間を作ることができます。

水をあげるときは植物を取り外し、屋外やバルコニーで水をあげて、洗濯竿などに引っ掛けておくことで十分に水をきってから、室内に戻しましょう。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事