耐震補強をしても倒壊する家もある

大きな地震が発生すると、テレビやメディアでは耐震補強をしていない古い住宅と耐震補強が施された新しい住宅とを比較することが多いです。酷いケースでは、倒壊した家に住んでいた方が片付けをしている中でわざわざ「耐震補強はされていなかったんですか?」、「隣の家は耐震補強をしてほぼ無傷ですよ」など、インタビューする映像も流れていました。

住宅に耐震補強を施せば、地震で家は倒壊しないと印象づけますが、実際には耐震補強を行っても倒壊する家は存在します。

201604211059

耐震補強をすれば家は倒壊することないと断言はできません。ただ、倒壊する可能性を下げることはできます。

スポンサーリンク
ad(336*280)

耐震補強は家が倒壊する可能性を下げる

家が倒壊する理由は1つではありません。地震の揺れはすべて同じ訳ではなく、ゆっくり大きく横揺れをする地震や小刻みに揺れる地震、東西南北のどの方角に沿って揺れるのかによっても異なります。他にも下から突き上げるような地震などが知られていると思います。

地震の動き以外にも家の階数、形状、耐震補強ヶ所、開口部の大きさや位置など、数多くの理由から倒壊する家と倒壊しない家が分かれてきます。

耐震補強された家でであっても完璧ではなく、壊れるときには壊れます。

耐震補強された家の割合は82%

国土交通省が2013年に全国の住宅耐震化率を調査した結果、82%であったと発表しています。2008年に行った調査では79%であり、その差は3%です。2011年には東日本大震災が発生し、地震に対する意識は向上したものの、実際にお金を払って家を耐震化する人は限られているのが現状です。

家が倒壊しない可能性を1%でも上げる

家を耐震補強すれば家が倒壊しない訳ではありませんが、耐震補強をすることで家が倒壊する確率を下げることはできます。木造住宅であれば、壁の内部に筋交や構造用面材を設ける工事が一般的ですが、大がかりな改修工事が必要になることから嫌煙されがちです。また、現在、窓があるところを埋める必要もでてくるかもしれません。

屋外から柱に直接金物を打ち込みブレースを取り付ける工法やフレームを取り付ける工法、ポールと立てる工法など、住みながらにして行える耐震補強は数多く存在します。

古い住宅であれば、屋根の雨漏りチェックを行う際に瓦からガルバリウム鋼板の屋根に取り替えるだけで、家にかかる重量を減らし、倒壊の危険性を少しでも下げることができます。

耐震補強をしても家は倒壊するかもしれません。しかし、耐震補強をするだけで家が倒壊する時間を1秒でも生み出せる可能性があることも事実です。1秒あったことで家に潰されることなく逃げられる命があるかもしれません。

1秒のために数百万円というお金をかけることに疑問を思われる方もみえるかもしれませんが、大切な命を守るかもしれないのです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事