将来両親と一緒に住むことを考えて和室を計画する?

新築住宅を建てるときに住まい手の考え方が出る場所の1つに和室があると思っています。敷地が小さい街の中心部では和室を計画するぐらいであれば、リビングやダイニングを少しでも広くしたいという要望が増え、ある程度敷地に余裕のある郊外に行けば、玄関から入ってすぐの所に客間を兼ねた和室がほしいという要望が増えてきます。

さらに地方から山の方へ入っていき、敷地の場所や建物の形を自由に選べるような地域へ行けば、家の一番奥に床の間が設けられた和室を計画し、上座の位置を明確にすることが求められてきます。

和室は自由度がある部屋で計画しなくても問題ありませんが、あれば客間や子どもの遊び場、洗濯物干し場など使い勝手の良い場所にもなります。

201601221054

若い世代が建てる新築住宅の和室の役割として1番大きなものに「親の面倒をみる場所」があります。言い方は悪いですが、離れて暮らす自分の親が足腰を悪くしたり、病気で動けなくなった時に、一緒に生活を場所です。

スポンサーリンク
ad(336*280)

和室の機能の何を最優先とするか

子育て世代と言われる30代や40代、50代などの親と子どもだけで暮らすことを想定する限りは、和室は子どもの遊び場以外にも、冬場にはフローリングのリビングには置けないコタツを置いて家族で温まったり、両親が来たときに1泊できる場所として有効に活用できると思います。

しかし、親と一緒に生活をするとなると話は別です。

床で寝るよりもベッドで寝ることを考えると、畳敷きではなくフローリングの方がよいのではないか、衣類や物などを収納できる場所が必要ではないか、トイレや洗面所、浴室などの水回りが近くに必要ではないか、両親2人と一緒に住むことになれば6畳では狭くないか、玄関にはスロープも必要になるかもしれないなど、心配事が次々とわいてくると思います。

家族で思い描いたマイホームを大きく変更しなくてはならない可能性が出てきます。キッチンから水回りまで扱いやすい動線がよかったけれど、嫁姑の距離感や音の問題などから和室とキッチンを近くに計画できなくなったり、和室が大きくなったことでリビングが小さくなったりと、弊害がでてきます。

全ての計画を採用しようとすれば、家が大きくなりすぎ予算オーバーとなる可能性も十分に考えられます。

実際に購入した敷地の大きさには限度があり、予算にも限りがあります。その中で、家族の生活を第一優先順位にするのか、将来一緒に暮らすであろう両親との暮らしを第一優先順位とするのか、決める必要があります。難しく決めにくい問題ではありますが、決めなければ家は建てられません。

各種福祉サービスを活用する可能性も視野に入れたい

家族の生活も親の介護も完璧にできる住宅はおそらくありません。10年や20年など時間が経つにつれて、公共サービスが変化すると同時に、親の考え方、自分自身の考え方も変化してきます。

管理人の勝手な考え方ですが、家族の家は家族中心に物事を考え、すべてを完璧に作ろうとせず、将来両親と一緒に生活することになることを考え、「この場所にスロープを作れそうだ」や「この場所を潰して水回りをリフォームしよう」など、あらかじめ考えておくとよいと思っています。

両親と一緒に住むことになったときにお金があれば作り替えてもよいですし、なければそのままでも生活はできます。どうしても両親と暮らせない問題が発生したときには福祉サービスを活用する方法も1つの選択肢です。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事