直射日光の当たらない風通しのよい半屋外空間は便利

最近建てられる戸建て住宅の多くは、敷地に家と駐車場をつくるだけのケースが多いように思います。リビングの窓は耐えず閉め切られていてエアコンの空調が24時間稼働している状態で、どこか出かける場合は車を利用する。

この生活スタイルであれば、戸建て住宅よりも耐震性が高く、室内温度も安定しているマンションの方がよほど快適にすむことができると思います。

戸建て住宅には建物と駐車場以外にも庭があり、建物の周りにも土地があります。せっかくのスペースを活かしたいと思ってしまいます。

yin

スポンサーリンク
ad(336*280)

外での活動で活躍する半屋外空間

住宅の中に建物と駐車場しかない場合には室内から外を見ても庭へ出ようとは思いません。夏であれば土や砂利に照り返された太陽光が暑さで感じますし、気候のよい時期であっても、外に出るきっかけがなければ庭へ出ることはないと思います。

家をつくるときに建物の中ではなく、建物の外でもない半屋外空間を計画しておくと便利です。半屋外空間というと難しいですが、屋根があって雨に濡れることがなく、壁はあってもなくても問題ありません。ただ、扉がなかったり、壁の一部がなかったりと、外の空気と一体化した場所のことをいいます。

例えば、家の中に置いておきたくない生ゴミ類を置いておくことができます。外であればカラスにつつかれてしまいますが、屋根や壁があれば見つけられる心配はありません。

他にも夏の間は使用しないスタッドレスタイヤを保存したり、キャンプグッズ、自転車などもありです。田舎であればタマネギを干したりする場所としても使用できますし、ドライフラワーを作る場所としても重宝します。

直射日光が当たらず、雨も防ぐことができる場所は、想像以上に使いやすいです。

このような外を利用する場所があるだけで、外に出るきっかけを作ります。すると自然に庭に木を植えようかな、花を植えようかなと手を入れたくなってきます。

大きな庭がなくても木陰をつくって庭に出る第一歩をつくる

奥行きが2mしかないというような庭であっても、樹木を植えることは可能ですし、植物も植えられます。造園を営む方に庭のデザインをお願いをすれば、通路のような狭い庭が一変して奥行きを感じられる庭に変身させてもくれます。

木が植わることで木陰ができます。すると鳥が木にとまり、虫がよってきて、草が生えて、徐々に自然のリズムが生まれます。すると興味がわいてくるはずです。

木が生長することで建物にも陰をつくることで、夏の直射日光を抑え、建物が暑くなることを弱めてもくれます。いろんなことが循環をして生活を豊かにしてくれると思っています。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事