緑のカーテンは庭に関心を持つきっかけになる

【無料】見積書を比較するだけで、最大50%オフ!?リショップナビ 見積もり

2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに例年以上に節電が求められたことは記憶に新しいです。以前から小中学校や市役所などで行われていた緑のカーテンが一気に広まったのもこのときだったように思います。

緑のカーテンとは、建物の大きな窓際につる性の植物を植えることで木陰をつくり、室内に入れる日光の量を減らそうというものです。よくプランターに朝顔やゴーヤ、ヘチマなどが植えられている様子がみられました。

asagao

スポンサーリンク
ad(336*280)

建物の室内環境も屋外の風景もよくする緑のカーテン

緑のカーテンをつくるためには、春から夏にかわる5月頃に種を蒔き、植物を育て始めます。できるだけ早い時期に植物を生長させることで、真夏の暑い時期に窓を覆えるほど成長させておく必要があるためです。

加えて、アスファルトやコンクリート、砂利や土が多い街中にあって、緑のカーテンはたくさんの緑を人に与えてくれます。真夏の太陽光を照り返すアスファルトは長時間見続けたいとは思いません。それに対して、植物の自然の色は見ていてホッとする雰囲気を感じられます。

緑のカーテンを一般の家にも・・・

近年建つ家の多くは昔の家に比べて、木を植える家が減りました。数十年前に比べて敷地が小さくなっていることや、他にもお金がかかる場所が増えたことで、庭にお金をしようしない流れがあります。

ただ、土と砂利で放置された庭は砂漠の砂と変わらず、太陽光を照り返し、窓から室内へ熱を与えます。加えて、住宅街を歩く人も照り返しや熱でやられてしまいます。

緑のカーテンを維持するためには、毎日水を与え続けなければならず、手間はかかります。ただ、愛情を持って育てていると同じように緑のカーテンをやっている人の家が気になったりして、他の家の庭を見るようになります。

そのうちに「この庭さみしいな」と思われます。流行に乗ってちょっとやってみた緑のカーテンだったけれど、やり始めると植物を育てることの楽しさを実感してしまう人も多いはずです。

リフォームの適正価格を10秒で相場チェック!

リノコではあなたの街のリフォーム相場価格を(10秒で無料診断することができます。施工店とは別の第三者機関だからこそより正確な情報をお伝えできます。

あなたの街のリフォーム適正価格をチェック⇒【 リノコリフォーム

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事