書斎で必要なデスクは奥行何cmあればよいのだろう

「家の中でちょっと落ち着いて何かをしたいことはありませんか?」子どもの頃にリビングテーブルやダイニングテーブルで勉強するよりも、自分自身の机で勉強した方が集中力が増したように、くつろぐためのテーブルや食事をするためのテーブルで何かをするのではなく、何かをするための机があった方がいいなと思うことがあります。

その何かとは人によって違い、本を読むためであったり、パソコンをするため、家事をするためなどさまざまであると思います。

desk

スポンサーリンク
ad(336*280)

何かをするために必要な机の大きさは何センチだろう

家の大きさが限られる中で、新築やリフォームの時に無駄に大きな机を計画することはできませんし、もったいありません。どんな感じのスペースにどんな大きさの机があったらいいのか、少しだけ考えてみたいと思います。

本を読むことが気持ちいい机

本を読むときに気持ちがいい机を想像するとカフェのような机かなと思います。窓際に奥行30cmくらいの浅い机があり、文庫本やハードカバーの本を置いても落ちることはなく、コーヒーを置くことができるようなスペースがいいように思います。

タブレット端末やスマートフォンをさわっている時間も居心地がいいかもしれません。直射日光が当たるわけでもなく、南側であれば日差しをカットする庇があり、北側であれば、ほのかに光が入ってくるような場所がいいなと思います。

ノートパソコンをするのに丁度よい机とは

ノートパソコンで短い時間文書を打ったり、ネットやメールをするような場合であれば奥行50cmぐらいの机があると便利かなと思います。もちろん、ノートパソコンの大きさにもよりますが、あまり大げさになりすぎずリビングやダイニングの一角にあった方が使い勝手もよいような気がします。

デスクトップパソコンで何かをするのに丁度いい大きさとは

デスクトップパソコンを使用する場合は、デスクトップパソコン以外にモニタとキーボード、マウスが必須になります。そのため机の奥行は60cm程度は必要になり、幅も90cmは欲しいところです。

キーボードの横に書類や本などを置く場合は幅120cm程は欲しいですし、プリンタも置くとなるとさらに必要になります。

デスクトップパソコンを置く場合は、かなり集中して何かをすると思いますので、1坪程度の書斎があると便利かなと思います。

図工など何かをつくる時にいい大きさの机

本やパソコンなどではなく、何か手を動かして作りたい!という方は必ず専用の机をつくることをオススメします。リビングテーブルやダイニングテーブルで作業をすると毎回片付ける必要がありますし、何となく室内の中がゴチャゴチャして来客を呼びにくくもなります。

例えば、何かを作る図工のような場合は、手前側にA3カッターマット、奥側に作っている途中のパーツ類を置くと考えると、奥行70cmから80cmくらいあると使いやすいと思います。机に奥行があった方が使いやすそうに思いますが、あまり長すぎても手が届きにくく、何かものを置いたら動かさない場所になってしまう可能性もあります。

自分自身の手の長さと相談して机の奥行を決めるのも良いと思います。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事