現在の生活を便利にするマルチメディアコンセント

マルチメディアコンセントとマルチメディアポートは現在の技術基準に合わせられた商品で現在の生活を豊かにしてくれます。ただし、電機業界の技術革新により将来全く使えなくなる可能性も秘めています。

equipment09_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

マルチメディアコンセントとは

マルチメディアコンセントとはパナソニック株式会社の商品で、コンセント、テレビ端子、LAN端子、電話端子などを1つのプレートに組み合わせたものです。通常はプレートが大きくなってしまったり、並んでしまったりしますが、見た目をコンパクトにすることができます。

また、マルチメディアコンセントを最大限活かすためには、同じパナソニック株式会社の商品のマルチメディアポートシリーズを利用することになります。マルチメディアポートシリーズは、テレビ関連のブースター、LAN関連のルーターなどを分電盤のように1箇所へ集めておくことができるものです。

マルチメディアポートとマルチメディアコンセントを設置し、住宅を建てる段階で家中にテレビ配線やLAN配線を事前にしておくことで、電気のコンセントと同じように、テレビやLAN、電話などが使用できるようになります。

マルチメディアコンセントのメリット・デメリット

マルチメディアコンセントやマルチメディアポートにはメリットもデメリットもあると考えています。

メリット

マルチメディアコンセントやマルチメディアポートは現在の生活をとても便利で豊かな生活にしてくれるところです。テレビ端子は地上デジタル放送、BS、CS、スカパーなど分配器なしに設置することができますし、LAN端子についても1000Mまで対応していることから、1Gbケーブルを家中に配線することで、どの部屋でもカチッとLANケーブルを差すだけで最高のスピードがでます。

数多くの配線を露出することなく壁内に納めていることから、余分な機器や配線でゴチャゴチャすることもなく見た目もスッキリしています。

テレビやインターネットなどメディアが好きな家庭にとっては生活を楽しくさせてくれるものです。

デメリット

現在の技術基準に合わせたマルチメディアコンセントやマルチメディアポートは将来の技術革新により使用できなくなる可能性もあります。テレビ端子は現在の端子から変更されるかもしれませんし、追加されるかもしれません。LAN端子についても端子が変更になるかもしれませんし、1000M以上が標準となった際には時代遅れのものとなる可能性もあります。

また、無線LANがより高速化し一般化した際には、宅内LANを使う機会がなくなるとも考えられます。

現在はよいですが、電子機器の技術革新のスピードは速く、将来的には不要な設備投資になってしまう可能性もあります。

今を便利にするか、将来を考えるか

equipment09_image01

マルチメディアコンセントやマルチメディアポートのメリットとデメリットは表裏一体のものです。今の電子機器のある生活を豊かで便利にするか、将来不要になるかもしれないものにお金をかけて設備投資をするのかとなります。

通常のコンセントに比べマルチメディアコンセントは数倍ほど値上がり、宅内に配線を張り巡らすとなれば電気工事士の人件費も自ずと高くなります。 ます。

テレビやインターネットなどが好きで、しっかりと活用ができれば問題ありませんが、ライフスタイルの中で少しだけしか活用できないのであれば、その予算を室内の仕上げをよりよいものにしたり、キッチンやトイレ、バスなどのグレードアップをする方が価値があるかもしれません。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事