建具の表面だけ取り替えるリフォーム

襖や障子を自由に貼り替えられるように建具の仕上げ材も自由に張り替えられます。DIYが得意な方であれば半日で取り替えられることができ、部屋の雰囲気を変えることが出来ます。

mainte06_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

安価に雰囲気を変える手段の1つとして

室内の雰囲気を変える方法はたくさんあります。床材を畳からフローリングに変更することで生活様式を変えることができますし、壁材を古い塗り壁から漆喰やペンキ、ビニルクロスに変更することで部屋が明るくなります。もちろん、古くなった天井も壁と同じです。

床や壁、天井を変えることで室内の雰囲気や使い勝手が良くなりますが、これだけすべてを工務店にリフォームを依頼すれば高額な見積が上がってきます。室内の雰囲気を変える1つの方法として、建具の表面だけを取り替える方法もあります。

一般的にフローリングの部屋に用いられることの多い、表も裏も薄い合板の上に仕上げ材が張られている建具(フラッシュ建具)は、障子など戸違い表面が固いため、取り替えることができないと考えがちです。

しかし、古くなったり、汚れてしまった建具の表面だけを取り替えることで室内の雰囲気を変えることができます。この時に重要なポイントは、建具の芯となる部分は取り替えません。数十年経っていても、芯材は丈夫なケースがほとんどです。

このような建具は新しく作ってもらう場合、住まいの地域や建具寸法にもよりますが、標準で1つあたり3万円、4万円程度はします。そのため、丁番が悪くなってきていたり、取手も取り替えたいなど、表面以外にも直したいポイントがあれば、建具ごと新しくしてもらった方が安いケースも出てきます。

また、同じ建具であっても、ハウスメーカー専用品などは表面材のみ取り外すことが不可能な作りをしていることもあります。工務店やハウスメーカーの担当者の方に一度相談をしてみましょう。

自分自身でリフォームすることも可能

自分自身で障子を貼り替えたり、襖を貼り替えたりする方であれば、建具の作り方が分かってみえると思います。そのような方であれば、フラッシュ建具の仕上げ材を取り替えることも簡単にできると思います。

仕上げ材は基本的にはボンドやフィニッシュピン(釘の頭のないもの)などで留めてあり、のこぎりなどを利用して上手に隙間を作り、仕上げ材のみを手で剥がすことができます。後は、取り切れなかったボンドはノミなどで削り、ピンをペンチなどで取ることで、新しい仕上げ材を張ることができます。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事