使い勝手がよくキレイさを保ちやすいクッションフロアの良い点・悪い点

クッションフロアは利便性が良く扱いやすい事がメリットですが、ビニールであるため手触りも悪く不快感を感じる方もいます。クッションフロアのメリットとデメリットを考えてみましょう。

material08_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

クッションフロアとは?

近年のマンションや戸建て住宅で使用されるようになったものがクッションフロアです。クッションフロアが住宅に広がり始めたころは、主にトイレや洗面所などの水回りに利用されることが多かったですが、リビング、ダイニング、キッチン、個室までに広がり、今まで使用されてきた合板フローリングの部分のすべてでクッションフロアが使用されています。

クッションフロアは設計図面ではCFシートなどと略されているケースが多くあります。クッションフロアは名前の通り、石調や木目調などのテクスチャーが施されたビニールの裏側に薄いクッションが貼り付けられた商品で、標準的なものは2mm程度、厚めなもので4mm程度あります。

クッションフロアは合板の上に接着剤を塗りシートを貼るだけでよいため、専門業者にとっても作業がしやすくメリットがあります。

現在クッションフロアを製造しているのは、東リやサンゲツなど主に商業用の床シートやビニルクロスなどを得意とする会社が名を連ねています。

手入れがしやすいクッションフロアのメリット

クッションフロアが多くのシェアを広めた裏にはたくさんのメリットが存在しているからと考えられます。メリットを数点上げると、

・合板フローリングに比べて安い
・水に濡れてもよく手入れがしやすい
・掃除がしやすい
・物を落としても下階に響きにくい
・合板フローリングに比べて技術が必要なく、専門業者の施工が楽である
・工期が短い=安く提供できる

などが上げられます。

使い手にとっては、小さな子どもがいる世帯では食べ物をこぼしても簡単に拭き取ることができシミも残りにくいことから重宝されていますし、濡れた足であるいてもビニールですので、全く問題はありません。
マンションやアパートなどでは、合板フローリングの場合は子どもが走ったり、スプーンやフォークを落とすと下階に大きな音が響いていましたが、クッションフロアにより軽減されるようになりました。

建設業者などの作り手にとっても、短期間で工事が終えられるためメリットがあります。また、賃貸マンションやアパートでは床を入居者が汚しても貼り替えるだけでキレイになりますし、ビニルクロス同様に雰囲気を変えることも簡単にできるようになっています。

時を刻まないクッションフロアのデメリット

クッションフロアにはメリットがある反面、デメリットもあります。

・すべてが本物ではない○○調
・経年変化でみすぼらしくなる=貼り替えること前提
・クッションフロアと家具が刻む時間が違う

クッションフロアの最大のデメリットは時間を刻めない商品であるということです。

クッションフロアは長い間使用していると縁の方からボロボロになってきますし、紫外線により剥がれたり劣化したりします。安く貼り替えることはできますが、クッションフロアだけ貼り替えると床だけが新しくなり壁や家具、キッチンなどと古さがあわずチグハグになります。

また、クッションフロアは精巧に作られていますが、ビニールですので肌触りや質感は本物の木とは違います。生活スタイルによっては違和感を感じる方もみえます。

上手に付き合いたいクッションフロア

管理人@かずぞうはクッションフロアの上手な利用方法は、水を多く使用する洗面所やトイレのみクッションフロアとし、他の部分は通常のフローリングとする方法です。

無垢フローリングや合板フローリングなどはキズがつく素材ですが、子どもの時に付けたキズは覚えているもので、大人になってから見ると「あのときに付けたキズだ」と覚えていたりします。また、それが子どものしつけにもつながることがあります。

クッションフロアはとても便利な商品ですが使い捨ての材料です。

家族との記録の一部に家が含まれていることを管理人@かずぞうは望みたいと思います。

リフォームの耳寄り情報

リショップナビでは500社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)

大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事