在宅勤務で自宅オフィスが増える未来

在宅勤務をする人が増えることで、家に「仕事の部屋」をつくる必要がでてくる可能性があります。今まではマンションから派生したLDK間取りが一般的でしたが、家を建てる時には今後の人生もよく考えた上で間取りを決める必要があります。

contents35_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

自宅オフィスが増える背景

20年以上前の日本に起きたバブル崩壊以降、日本の経済力は停滞したことで個人の人生のすべてを会社に注ぐことが正解かどうか悩む人が増えました。その後に起きた円高経済やリーマンショックで正社員はリストラされ終身雇用は終了し、派遣社員を多く取り入れる会社が増えたことから、個人がそれぞれ会社にもたれ掛かることなく生きていく必要性を感じました。

会社側も社員を束縛するのではなく社員の副業を許可するなど、個人の自由で働きやすいように対応しています。

また、会社に魅力を感じなくなった若い世代ではフリーランスや起業をする人が以前に比べて増える傾向にあることから、会社に通勤しない人も増加している現実があります。

世界的な流れでは、日本や欧州、アメリカなどの先進国の人口増加がストップし減少傾向に進む中で、発展途上国では医療の発達やインターネット環境が整ったことで、人口が爆発的に増えることが予測されています。

人口が増えた発展途上国の人々が生活していくためには発電所を建設しエネルギーを使用します。しかし、石炭は大気汚染を拡大させ、石油は掘り尽くされ、原子力は核のゴミを生んでしまいます。限りある資源を有効に使うために、先進国も発展途上国も少ないエネルギーで生活ができるように対応して行かなくてはいけません。

そのため、今後エネルギーを消費しないように、通常の会社の正社員であっても、会社へ通勤するのではなく在宅勤務をする人が増えると言われています。

社会背景が間取りを変える

このように家で仕事をする人が増えていくことは自然の流れとも言えます。今までマンションから派生したLDKが流行し、一般の住宅であってもLDKが当たり前のように間取りとして利用されてきました。

しかし、在宅勤務が増える事で家の間取りの中に「仕事の部屋」を取り入れる必要が出てきます。職種によってはリビングの片隅でもできる仕事もあれば、3畳や6畳など専用の仕事部屋を必要とする場合も考えられます。

さらに、お客さんが家に会議を行いにくるようなケースがあれば、玄関の位置や入り口から仕事部屋への通り道も確保しなければいけません。

自分自身の意志をもって、自宅で副業をしたり、起業をする場合にはこのようなことを事前に考えた上で家を建てることができます。しかし、会社へ勤務している方は、ある日突然「週に3日は在宅勤務してください」と言われるかもしれません。「会議はWEBカメラを使用しましょう」と言われれば、会社へ自宅の一部の映像が流れてしまいます。

現在、勤務している会社が今までどのような活動を行ってきたのか考えてみましょう。積極的に経費削減や環境問題に対応してきた会社であれば注意が必要です。突然の会社の指示で在宅勤務ができるように、家を建てる時には「仕事部屋」をつくる必要があるかもしれません。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事