住宅の現場は意外と大雑把

工場で作られたたくさんの電気機器に囲まれた生活をしていると1mmのズレも失敗品と思ってしまいます。しかし住宅の場合は違います。

under17_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

住宅は地球の上でつくられる

「住宅の現場は意外と大雑把」と書いてしまうと語弊があるかもしれません。あくまでも雑に作っているという意味ではありません。

ハウスメーカーや工務店はお客さんの職業を気にする場合があります。自動車工場で車をつくってみえる方や電子機器・電気機器類の工場や設計に携われている方など、その中でも比較的細かい男の人をマークしています。

理由は工事中や完成した住宅の精度を気にされるからです。

under17_image01

「ここが1mmずれているんじゃないか?」、「このクロスの角の部分がキレイじゃない」、「この小さな傷はなに?」などの繊細な指摘をされるので、いつも以上に細かいところに注意を払ってつくる必要があるということです。

住宅は雨風がしのげる建物の中でもなく、繊細な動きをする機械があるわけでもなく、まっすぐな机の上で作業をするわけではありません。
住宅というのは地球の上に建てます。高さを測るにも面積を測るにも、測った翌日に敷地に雨が降れば変わってしまいます。もちろん、風が吹けば砂は飛んでいきますし、人が歩けば土は圧縮されて高さは変わります。

その状態から基礎をコンクリートでつくり、建て前をして内外装工事を行っていきます。

基礎をつくるときには誤差は1センチ程度はあります。しかし、建て前の時にはミリ単位まで小さくなり、内外装を工事する中でさらに精度を上げていきます。

ある意味誤魔化しているとも言えますが、住宅はそのような感覚でつくられていくと思っていただけるとありがたいと思います。

精度よりもしっかりつくることが最善

工場の中でつくられる工業商品にくらべて明らかに大きな住宅はほとんどが人の手でつくられます。

建物の細かさである精度も重要ですが、大工さんや職人さんは「雨漏れがしないように」、「後からメンテナンスしやすいように」、「倒れてこないように」など住宅の本質である住みやすさなども、その都度アタマを使いながらつくっています。

精度だけではない、別の価値も見いだしてもらえるとありがたいと思います。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事