木製建具の良さは温かみのある質感

木製建具は日本が昔から使い続けてきたものの1つです。最近はアルミサッシに置き換わってしまっているけれど、温もりのある部屋づくりにはかかせません。

material05_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

温かみはあるけれど手間も苦労も多い木製建具

日本に建具という考えが登場して以来、障子やガラス戸、雨戸なども含めてずっと木製建具でした。この建具が大きく変わったのは戦後の海外の波が入ってきたことによります。
昭和30年代に学校やビルなどを中心にスチール(鉄)サッシが採用され、その後、30年代後半に軽くて耐久性が強いことから住宅にアルミサッシが採用されるようになりました。

そのアルミサッシが瞬く間に広がり、今ではアルミサッシの建具が一般的になり、雨戸もアルミ製雨戸が一般的になりました。

現在では珍しくなってしまった木製建具ですが、無機質なアルミサッシよりも温かみのある木製建具を望まれる方は今でもたくさんみえます。

しかし、木製建具は、
・雨や風に対する耐久性があまり強くない
・時間が経つにつれて木がゆがみ、開け閉めが固くなる
・密閉性が弱く、建具のすきま風が発生する

その他にも定期的なメンテナンスが必要であったりと、手間のかかる建具ですが、アルミサッシのように外と内をシャットアウトするという感覚ではなく、外と内を緩やかにつなげて、人間味があり、味のある家になります。

めんどくさがり屋はアルミサッシの方がよいかも

木製建具はアルミサッシにはない温かみがあります。また、木製建具は家と共に時間が経過していく中で深みのある姿・形へ変化していきますが、アルミサッシは耐久性が高いが故に時間を感じず、アンバランスな状態になってしまいます。

木製建具は質感や肌触り、味といった数字では置き換えられないものを感じる方にはオススメしたい建具と言えます。

しかし、感性や感覚は人それぞれです。

逆にメンテナンスフリーのフローリングを真っ先に選びたい方や自動洗浄付きトイレ、ユニットバス・・・といったものに興味のある方はアルミサッシをオススメしたいです。

アルミサッシは「現場の施工性がよい」、「工期が短くて済む」、「耐久性が高く雨じまいもよい」、「安い」など利点が数多くある非常に優れた商品です。

生活のしやすさ、メンテナンス性や安さを考えれば確実にアルミサッシの方が優れています。
木製建具もアルミサッシも一長一短ある建具です。どちらが魅力的な建具を考えて選びましょう。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事