各個人でできる集中・局所豪雨対策をしよう

異常気象が続く昨今、夏になると日本全国各地で1時間に100mlを超えるような集中・局所豪雨が発生している。各個人でできる対策を考えたい。

contents24_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

地表面から土がみえなくなっていく問題

日本は車を中心として街づくりがされています。道路を中心に区画整理がされて空いているところに住宅やビルなどを建てるという方法です。道路は便利さという名目のもとに街中では網の目のように張り巡らされていますし、地方に行っても道路は多いです。

経済成長期に作られた河川や排水路は現在の集中・局所豪雨の降水量には対応できず、治水できていない状況があります。この問題は都市部では顕著に現れていますが、実際には地方の町においても同様で、都市部のベッドタウンでは急激な人口増加に対して治水計画をおろそかにした結果、道路が河川のように浸水してしまう現象は日本全国で起きています。

管理人の実家も同様で当時は家のまわりには数えるほどの家しかありませんでしたが、今ではぎっしりと家で埋まってしまいました。無くなったものは畑や雑木林、空き地です。

その結果、数年前より実家の前の道路は大雨が降るだけで浸水し、時に膝上あたりまで浸かってしまいます。
各家々では車が水に浸かってしまわないように近くの公共施設へ避難させるということを毎年の行事かのように行われるようになってしまいました。

実家のある町で浸水地域はここだけではありません。ほかの地域も浸水していますしNHKニュースでも映像が流れてしまうほどの地域です。しかし、町として予算も限られていますので、今も抜本的な対策は行われないままであり、今後も人口減少時代に入り歳入が減れば当てられる予算が減るため、最終的に何もされないまま終わるのではないかと思っています。

自分たちでできる集中・局所豪雨対策を考える

集中・局所豪雨は一般的には短時間に大量の雨が一度に降ることが問題になる。そのため、考え方として「自身の敷地内に降った雨をできるだけ道路や排水溝に流さない」ことが一番よい方法であると考える。

戸建て住宅であれば、敷地内の家が建っていない空いたスペースはできる限りコンクリートで埋めてしまわないことである。降った雨を吸ってくれる木々や植物、芝生を植えたり、コンクリートではなく砂利にするだけでも一役買ってくれる。
また、雨水浸透マスを利用してよい土地であれば、屋根に降った雨が直接排水溝へ流れていく量を減らし、敷地内の土地に浸透させることもできる。

マンションなどの場合には雨水を貯めておける貯水槽を持っておくことも役に立つはずで、貯まった水は植栽にあげることができれば、使用する共用空間で使用する水道代も減らすことができる。

その他にできること「声を上げること」だ。

行政が道路を作ろうとしたら「ほんとにその道路必要ですか?」もし必要であれば「その代わりにこちらの道路は不必要になりますよね?土に戻しませんか?」ということだと思う。

さらに言えば、ほとんど使われていないこの道路はアスファルトではなく砂利道ではいけませんか?という問いかけもあると思う。少しでも地表面を覆ったアスファルトを剥がして、そこから水が浸透するようにしたいと考える。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事