風通しのよい家に住みたい

季節のいい時に昼間からゴロリと床に転がって寝たり、スマホ(携帯)さわったり、本を読んだり・・・豊かな時間を過ごせます。

contents25_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

風通しのよい家にはもう住めない?

世界中で異常気象が頻発している今の地球ですが、日本も例外ではなく、夏は猛暑、冷夏、集中豪雨、梅雨なのに雨が降らないなど、冬は寒波が強すぎたり、雪が降りすぎたり、挙げ句の果てには春と秋が無くなってしまうのではないかと言われています。

この異常気象に住宅は対応できていない状態であり、冷暖房器具の力を借りて乗り切っているのが現状です。

その中で日本の住宅事情がさらに変化するであろう議論が現在おこわなれています。低炭素住宅の議論です。

低炭素住宅の方向性としては、住宅の開口部(窓)は限りなく狭くすることでエネルギーロスを最小限にし、断熱材を増量します。エアコンで作られたエネルギーのロスを減らすことで電力の使用量を減らし、環境にも優しいという流れになっています。

エアコンがあること前提の話になっていますので、窓を開けて外の風を室内に取り込むということは条件に入っていません。24時間365日、快適な一定の温度で生活することがよいということになっています。

中国を中心にまだまだ経済発展する国はたくさんありますし、少なくとも地球温暖化は進んでいくとは思いますが、生活そのものの暮らし方には自由度がほしいと思ってしまいます。

それでも住みたい風通しの良い家

風通しのよい家に快適に住むためには敷地の使い方や住宅の押さえるべきポイントなどがいくつかあります。

建物の向きにはこだわろう

日本の場合、通常南北に大きな開口部をつくることで風は抜けていきますが、各地域の山や川などの地形によって異なる場合も多いです。 事前に地形を把握して風の通り道に開口部を設けましょう。しかし、地域によってはその風が暴風になる場合もありますので慎重に。

庭には木で木陰をつくろう

庭に木を植えて木陰をつくることで地表面の温度を下げます。その下がった空気を風によって室内に通すということをします。
間違っても開口部の前をコンクリートにしたり駐車場にしたりすると、逆に熱風が室内に入ってきます。

庇や軒をしっかりと作って出そう

開口部に庇や軒をつくることで開口部の目の前が日陰になります。さらにこの部分にスダレやヨシズを設ければ涼しい風になります。

風通しのよい間取りにしよう

せっかく開口部を設けても建物の中に風の通り道がなければ意味がありません。風の通り道まで考えられた間取りにしましょう。
場合によっては吹き抜けや天窓も風が通り抜ける道として効果的です。

断熱はしっかりと設ける

屋根や壁から余分な熱が入ってこないように断熱材はしっかりと入れましょう。また、開口部の窓もペアガラス以上にはしましょう。

これら以外にも、夏の早朝は窓を開けて涼しい空気を室内に取り込んで、暑くなってきたら窓を閉める。それだけでも、涼しい空気が室内から逃げることがありませんから、エアコンを使わなくても快適な時間が過ごせます。

風通しのよい家は賢く住まうことも重要なポイントです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事