建て前で鳶さん発見!

大工さんと鳶さんには仕事内容に根本的な違いがあります。建て前の時に現場で人間観察をしてみましょう。ちょっとした違いが面白いですよ。

under10_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

建て前で鳶さん発見!

木造住宅の家づくりにおいて工事を行うのは大工さんです。基本的には棟梁(大工)のみの場合や棟梁に加えて大工さんが数名で家を作る場合が多いです。しかし、建て前の時は違います。建て前は1日で終わらすために一気に工事をします。

この場合は棟梁のみでは人手が足りず日が暮れてしまうため、応援の大工さんも含めて数人で行います。この中にたまに鳶さん(鳶職)も見える場合があります。

大工さんと鳶さんの違い

建て前の時の大工さんと鳶さんの仕事には違いがあります。

大工さんは道具を利用して各部材(柱や梁など)の組み立てや部材の調整、ボルト締めなどを中心に行っていきます。建物全体を見渡して様々な道具や工具を使って家をつくります。

鳶さんは高いところでの仕事を専門とする職人です。クレーンで持ち上げられた部材を受け取りどんどん組み立てていきます。鳶さんは高いところで木槌を振るいます。
鳶さんにはそれぞれ高所の足場を組み立てる足場鳶や鉄骨造の建物を専門とする鉄骨鳶、また工事の多種多様な職人さん現場から落ちないようにネットを張る職人さんもみえます。どちらにしても危険な職業ですね。

大工さんと鳶さんは簡単に見分けることができます。大工さんは一般的には裾が綴じた細身のズボンを履いています。鳶さんはニッカポッカとも言いますが、裾の広がったズボンを履いています。これは膝を曲げたときに動きやすかったり、高所で風を感じたりとメリットがたくさんあります。ファッションで履いているわけではありません。
大工さんも鳶さんも基本的には地下足袋です。

建て前の時に家が建っていくのを見ていて、疲れてきたら人間観察をしてみてください。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事