リフォームを成功させる

どこまでの場所をいくらでリフォームするのか?「直したい場所」をすべてリフォームしていたらお金がいくらあってもキリがありません。”ココを直したい”という場所をピックアップしましょう。

index05_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

リフォームを活用する

長い年月住んでいるマンションや戸建て住宅はフローリングや壁紙、キッチンなど目に見えるところだけではなく、トイレの配管などの目に見えないところも痛んできます。

痛んできた住まいを「リフォームをする」にはさまざまな考え方があります。

今住んでいる住まいをこれから何十年も住み続けるためにリフォームをする。老朽化し始めているキッチンや風呂などの設備、傷ついた扉やフローリング、建てた当時は無かった高性能な断熱材や耐震工事などをする方法あります。
主に子育てにお金がかからなくなり、第2の人生として終の棲家を考える方が多いです。

若い世代にはリフォームされていない中古住宅を安く購入して、お金が貯まった段階で住みやすいようにリフォームをする方法があります。これからの不安定な社会に対して今あるお金を必要なところにかけることは賢い住まい方と言えます。

リフォームにかかるお金

「家を新築に建て替えたいけどお金がない」
「今の家では腰が痛くなる・・・車いすが通れない」
「トイレの調子がずっと悪い・・・いつ壊れるんだろう」

リフォームをする人の中で気に入った家を使い続けたい人もいますが、新築に建て替えたいけどお金がないからリフォームをする人の方がかなり多いのが今の現在です。

しかし、リフォームにかかるお金は設備や家の状況によって大きく変動します。

例えば、最近大雨が降って雨漏れがしたとします。屋根が瓦がずれて雨漏れがしているのか、屋根の防水が破れているのか、どこから雨がつたってきたのか、もしくは壁の隙間から雨が入ってきているのか・・・

状況によって少しの補修で済む工事もあれば、屋根をすべて剥がして防水工事をやり直し、雨によって朽ちた天井や悪くなった電気配線など、見えないところも痛んでいる可能性があります。

実際にはプロにお願いしても、剥がしてみないと見積もりが取れないケースもあります。

そのため、目に見えるリフォームしたいところ、気になるところなどをキチンとプロに話をする中で、今後この家に何年住んでいきたいかも話しましょう。
あと10年はもつ排水ダクトであっても、今後20年住みたいとなれば、問題が起こる前に取り替えておくことも先決かもしれません。

このような話に親身になって話を聞いてくれ、キチンと隅々まで検査を行ってくれる会社を選びましょう。

リフォームをするポイントを決める

リフォームが一番行われている場所はもちろん「目に見えるところ」だと言われています。専門の方でもない限り他にどこをリフォームするのかピンポイントで言い当てることは難しいとも言えます。

しかし、長く快適に住むためには目に見えない場所も重要です。地震に耐えきれない住まいの中で暮らし続けることも不安感が募りますし、省エネのリフォームで日々の水道光熱費を少し抑えることもできます。

実際のところ、結露で破れたビニルクロスをリフォームで見た目のビニルクロスのみ取り替えてもすぐにカビが発生し、破れてきます。結露の原因を探し対策することで結露も抑えられますし、カビの中で生活する危険から人の健康状態も変わってきます。

一見地味なポイントですが、トラブルや不快感の原因になっている場合があり、今後の生活も考えると抑えるべきポイントです。

最後にリフォームをすると決めた時点で「ここは絶対にリフォームする」という場所を1つ決めておきましょう。ここは必ずリフォームをしましょう。プロの方と相談をした場合においてやめてしまうと、リフォームをしたという満足感や優越感が生まれません。満足感や優越感は住まいやモノをを大切に扱う第一歩になるからです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事