柱の背割れは意味のあるもの

建て前の後の柱の状態を見てみましょう。柱が上から下まで割れていると思います。これは裂けてしまったのではなく意味があって割っています。

under04_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

柱が割れてる!

最近はお客さんの信頼を得るためにハウスメーカーや工務店などで構造見学会というものを行っている会社が数多くあります。
柱や梁は建物を支える重要な部分であり、その状態を誰にでも公表するということは自信の表れと言えます。

昔の家に比べて、完成した家は柱や梁をボードで隠してしまう家も多く、素の状態の家が見られる数少ないチャンスであると思います。ここで勉強したことを自身の家づくりにも十分活かせます。

建て前後にゆっくりと家を見ていると上から下まで割れている状態の柱を見ることができます。一般的には「柱が割れてる!」、「柱が裂けてる!」と思われることが多いですが、実際にはあらかじめ割ってあるということが正解になります。

この割れを「背割れ」と言います。

強い家にするための工夫

木材は乾燥した状態であるほど強い材料になる傾向があります。そのため同じ木でもしっかりと乾燥した木を使用することで柱の強度が上がり、地震などに強い家になると考えられます。

しかし、木材の表面は感想しても中心部分が乾燥するまでには時間がかかります。
木材が乾燥しないままの状態で家を建ててしまうと、家が建った後に徐々に乾燥し木材が伸びたり縮んだりします。そうなることで柱がねじれたり、変なところで割れたりして十分な強度が出ない弱い家になってしまいます。

それどころか、その柱のねじれが表面のボードを曲げることで仕上げのビニルクロスにシワを作ってしまうなどの問題も起こる場合があります。

そのため、家を建てる前の状態で背割れを入れておくことで木材の中心部を乾燥させる役割と共に、建築後に柱が変なところで割れることを避けるなどの役割があります。

背割れの入っていない柱もある

最近一般的に使用される柱には背割れが入っていることが多いですが、背割れの入っていない柱もあります。人工乾燥機などを利用して、短時間でしっかりと乾燥させた材料も流通しています。
また、築数百年といった住宅にも背割れがない可能性は高いです。

山から木材を手作業で切り出した時代は木を伐採し、長い間山の中で放置して乾燥させていました。伐採したばかりの生の木は水分が多く、人が担いで山から下りるのは非常に困難であったことが理由です。
山で放置された木は長い年月をかけて乾燥し、乾燥した木を村まで運び、加工した家などに使われていました。 そのため、背割れということは必要なかったのです。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事