耐力壁の確認の仕方

建て前の後に取り付けられる構造用合板や筋交などの耐力壁の取り付け方を確認してみよう。

under03_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

耐力壁の役割とは?

木造住宅では地震や突風などの自然災害で家が倒壊しないように耐力壁を設けることを建築基準法にて義務づけられています。

耐力壁を取り付ける量は建物の床面積、見付面積(建物の外壁面の面積と近い意味)、1階建て、2階建てなどの階数により各建物によって違います。
一般的には建物の床面積が大きければ大きいほど、建物の高さが高ければ高いほど、1階建てよりも2階建ての方が耐力壁の量が増えます。

耐力壁の量は各ハウスメーカーや工務店、設計事務所などが計算をして決めます。近年の傾向として、建築基準法ギリギリの量ではなく、基準の1.5倍や2倍など多めに取り付けることが多くなっています。

取り付け位置については、この耐力壁は建物の一部に集中して取り付けるよりも建物全体にバランスのよい位置で取り付ける方が効果があります。また、1階と2階が同じ位置に取り付けた方がよい場合も多いです。
しかし、実際は間取りの問題や窓の問題でよい位置に取り付けられない場合が多く、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などの力量が試されるポイントとなっています。

耐力壁の種類

木造住宅に取り付ける耐力壁には大きく分けて2種類あります。

筋交

柱と梁で仕切られた四角いスペースに斜めに材を入れます。それにより建物が地震の時に横揺れをして引っ張られたり、つぶされたりすることに対抗します。
この斜めに入れる材は木材の場合や鉄の棒の場合などバリエーションはさまざまです。

構造用合板

筋交と同じく柱と梁で仕切られた四角いスペースの外側に構造用合板をビスで留めます。地震の時には構造用合板がねじれを防ぎ、ビスによって外れないように対抗します。

耐力壁の種類は多種多様あり、さまざまな工法が存在します。必ずしも上記の方法とは限りませんのでご了承ください。

筋交の確認の仕方

上の写真は筋交が木材の場合です。
木材の場合は主に3cm×9cm角、4.5cm×9cm角の材料を使うことが一般的です。

確認するポイントは、

筋交が柱と梁で構成されている枠の中からはみ出さずに、キッチリ収まっているか
しっかりと枠の中で筋交が収まっていれば、地震などの時に力が柱や梁、土台などにしっかりと流れます。ずれていると変なところに力がかかり、折れたり外れたりする可能性が高くなってしまいます。

筋交金物がしっかり取り付けられているか
筋交の先端付近には筋交金物が取り付けられています。これにより筋交いが外れることを防ぎます。(右の写真参照)必要なビスがキチンと最後まで留めてあるか、必要な数取り付けられているかチェックをします。
筋交金物は前後左右どこにでも取り付けられるようになっているため、すべての穴にビスが取り付けられる訳ではありません。詳しくは大工さんや営業の方にお聞きください。

筋交金物で取り付ける場合には問題があり、ビスと木材に何本も打ち付けるため、筋交の木が裂けてしまわないかというところです。法律的には問題ありませんが、少しでも避けにくい樹種を選んで取り付けることをオススメします。

また、筋交がX状(たすき掛け)に入っている場合の真ん中の細い柱(間柱)はどうなっているのか?と質問されることがありますが、筋交は削ることが許されていませんので、間柱が削られています。間柱の削られた残りの部分はすごく細いです。
間柱は地震の力を受ける材料ではないため、問題ありません。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事