長期優良住宅でも倒壊する危険性がある

100年住宅と言われる長期優良住宅であっても地震で倒壊する可能性はあります。その状態は国の施設である「E-ディフェンス」で確認済みであり、全世界に公開されています。

index10_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

長期優良住宅でも倒壊する危険性がある

日本には全世界でも希に見る震動破壊実験を行う施設「E-ディフェンス」があります。E-ディフェンスでは実際に起きた地震の揺れ方やこれから起こる危険性のある地震の揺れ方などを想定して、建物に地震波をあたえる実験をしています。その結果は検証した上で国の法改正などに役立っています。

E-ディフェンスでは木造住宅の耐震実験も行われています。

3階建て木造住宅で1階にカーポートがある建物の倒壊実験をしています。1階にカーポートがあることから耐震が取りにくく、倒壊危険度の高い設計です。

これは従来の耐震基準の建物と長期優良住宅の建物の耐震実験です。



この映像は建築業界では有名です。検査の結果は長期優良住宅の建物が壊れ、従来の耐震基準の建物は崩れないというものでした。

基準をクリアしていれば「100%安全」ではない

この映像の解釈の仕方はそれぞれですが管理人の考え方としては、2階、3階の耐震強度が強すぎるあまり、1階部分の基礎と土台、柱と梁の仕口に大きな力がかかってしまったことが原因であると思います。

逆に、従来の建物は全体がグニャグニャと動いたことで揺れを吸収したことにより、倒壊はしなかったと思っています。

長期優良住宅の方があらゆるシーンにおいて安全度が高いことは事実です。

しかし、建築基準法を守り、さらに厳しい100年住宅とも言われている長期優良住宅の基準を守っていても必ず安全という訳ではなく、住宅の大きさ、形状、構造のバランス、地面の揺れ方など、あらゆる要因が重なることで結果は変わります。

防災の準備はどんな家でも必要です。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事