フローリングはワックス掛けで選ぶ

フローリングには種類があります。家族構成やフローリングにかけられる金額、住む人の性格などを考慮して選ぶと、住み始めて数年後気持ちよく暮らすことができます。

contents16_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

フローリングの種類

家の中でどんなときでも触れているのが床です。昔の日本は畳や板間が一般的でしたが近年はフローリングが一般的です。

フローリング選びで多くの人が悩むポイントは価格です。家の床すべてにフローリングを採用したいと思った場合、使用面積が大きくなるためフローリングに多額のお金がかかります。
それに加えてよいフローリングを選ぶ場合、一気に見積金額が数万円~数十万円単位で上昇します。
どのようなフローリングを採用することが一番家庭に合っているのか考える必要があります。

フローリングの構造には多く分けて3種類あります。

合板フローリング

本物の木を0.2~0.3ミリにスライスをして合板の表面に貼ってあるものが合板フローリングです。
表面に貼ってある木が薄いため、固いものを落とすことで木が削れてしまい、合板が見えてしまう場合があります。
ワックスが塗ってあることでメンテナンスフリーな商品も多く、価格が安いことがポイントの1つです。しかし、見た目が人口的なものが多いため、本物志向の方にはオススメできません。

複合フローリング

本物の木を2~3ミリにスライスして、合板の表面に貼ってあるものが複合フローリングです。
基本的な部分は合板フローリングと同様です。価格帯が合板フローリングより高く、見た目も本物に近いものが多いです。

無垢フローリング

無垢フローリングは本物の木そのままです。
選ぶフローリングの樹種により価格は高価なものから安価なものまでさまざまです。
浸透系ワックスの場合は1~2年に1度程度はワックスがけが必要になります。また、油系やワインなどをこぼした場合シミができてしまう場合があります。そのため、シミやキズが生活の奇蹟と思える方には向いていると思います。
見た目は優しくてぬくもりがあります。素足で歩いても気持ちがよいです。
太陽の光がよく当たる南側などは紫外線によりフローリングが日焼けをして変色していく可能性があります。また、熱によりフローリングが反ってしまう等の問題から床暖房が使用できない無垢フローリングもあります。

フローリングはワックス掛けで選ぶ

家は何十年も暮らしていく場であり、メンテナンスをしながら生活をしていくものと思います。しかし、時間的、金銭的などさまざまな理由により定期的にメンテナンスができなくなることも考えられます。

特に無垢フローリングの場合は時間が織りなす経年変化を楽しみながら生活をしたい時は定期的なメンテナンスが欠かせません。できない場合はやはり徐々に汚くなってしまいます。

合板フローリングや複合フローリングのワックスフリーフローリングの場合は他の商品より当初よりワックスが多くかけてあるため、フローリングが全体的に白っぽくなっているものも多くあります。また、耐用年数を表示しているところも少ないです。(一般的には30年~50年以上キレイさを保っている家もあると明記しているところが多い)

家族の構成や金銭面、自分自身の性格などを考え、一番合ったフローリングを選ぶ事でキレイさを持続できると思います。

どのフローリングを選んでもキッチン廻りの床などは水や油などで汚れやすいです。そのような場所は定期的な掃除を欠かさないようにしましょう。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事