家づくりを真剣に楽しむ

シリカ電球をLED電球に変えればエコではなく、賢くエコする方法は?家全体のトータル電気使用量を確認してエコをしましょう。

contents11_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

消費電力の少ないLED電球

住宅の電力の割合はエアコン25%、冷蔵庫16%、照明器具16%というデータがあります。住宅内に占める光の電気代は想像以上に大きいです。

LED電球は最後まで使い切ることを前提とした場合、今までの白熱電球や蛍光灯に比べて消費電力が少なく長寿命な商品です。
特に球の取り替えが行いにくいとされる階段の照明など手の届かない場所においては、長寿命から取り替える回数が減りLED電球は扱いやすい電球と言えます。

照明全体で省エネを目指そう

日本において省エネルギーというと照明器具や電球自体の効率を最大限まで高めたモノを出します。それを一般の方が買われて使用することで省エネルギーをはかります。

それに伴い欧州では、部屋や場面に必要とされる最低限の照明器具を使います。部屋を出たら電気を切るという形をとっています。

LED電球は確かに省エネルギー商品ですが、よく家中の電気をつけて夜を過ごしている方がみえます。全体をみると電力の大量に使用しており、逆に白熱電球を必要な場所につけている方の方が省エネルギーかもしれません。
また、たくさんの照明器具を使うことで照明器具や電球自体の寿命も縮めていきます。

世界中をみても日本の住宅は明るすぎるといわれています。少し光量を落とせば明るいところに自然と家族は集まってきます。その中で会話が増えて家族によい効果を生むかもしれません。

家全体からエコ

家庭の消費電力はどんどん増加傾向で増え続けています。テレビ、冷蔵庫、エアコンなど省エネルギー商品が増えていますが、それ以上に家庭に新しいモノが増えたり、3台目のテレビ、各部屋にエアコンの取り付けなどが使う電力の方が多いのが現状です。

省エネルギーといわれる商品を使えばよいわけではありません。例えば、トヨタのハイブリッドカープリウスにさえ乗っていればエコではなく、走り出し方やちょうど良い速度などがあり燃費を良くします。

住宅においても過度の電力を使いすぎることなく適度な使い方をしましょう。また、しっかりと商品の寿命を向かえるまで使いましょう。そうすることでゴミが減り日本全体の使用燃料を減らすことにつながります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事