家の断熱をトータルで考える

家の断熱は必要な場所に必要な量を施工するのが一番お得な考え方です。工務店や建設会社に言われるまま施工すると代金が高くなってしまうかも?

contents08_contents_top

スポンサーリンク
ad(336*280)

家の断熱をトータルで考える

日本は春夏秋冬を通して寒暖差がある国です。北海道では夏と冬の寒暖差が40度程度、東京でも30度程度の差はあると思います。(もちろん地域差にもよります)子どもの頃は夏でも冬でも外で遊んだ記憶があると思いますが、大人になると厳しい季節が体に堪えます。

「断熱」の考え方は夏は屋外に比べて室内の気温を低く、冬は屋外に比べて室内の気温を高く保つことで、温度差を減らして快適な環境をつくることにあります。

時代を遡ること数百年前、日本の住宅は湿度との戦いでした。虫を発生させたり、物を腐らせたりする夏を快適に生活できるように、日本の住宅は風を通す家が基本となって、夏は涼しく、冬は囲炉裏で暖をとる生活スタイルが一般的でした。断熱をするという概念はありません。

それは戦後も同じで、現在建っている古い木造住宅は断熱材は施工されていませんし、ガラスもシングルガラスが一般的です。数十年の内に断熱の考え方が変わったと言えると思います。

既存の住宅を断熱リフォームするポイント

既存の家に対して断熱リフォームをするためには家の生活スタイルをもう一度見直してみる必要性があります。

断熱の考え方の難しさは現在がどのような家の状況、生活のスタイルなどによって断熱リフォーム行った方がよい場所や施工方法が違うというところです。

仮に冬の寒さ対策としてお施主さんの要望で「窓を断熱できるようにシングルガラスをペアガラスや二重窓に取り替えたい」と言われたとします。
実際に確認をしたところ、窓は掃き出し窓で「サッシ→縁側→障子→お施主さんの部屋」の順。もう少し家を調べてみると、部屋の床下には断熱材が無く、サッシを取り替えたり、追加するよりも床に断熱材を入れた方が断熱効果が高い場合が考えられる可能性もあります。

※床からの底冷えをなくすことが重要
※暖房をしても暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ流れるため、より温度差を感じて寒い

もちろん、サッシの結露がひどい場合はサッシ廻りの温度差や水蒸気が問題のため、室内の人数やキッチンの位置、ストーブにやかんなど、生活状況も含めて、サッシに断熱をした方がよいという可能性もあります。

「寒い原因はここにある」と決めつけず、専門家とともに生活スタイルを見直して、それに合わせた断熱対策を行うことが必要になります。

また、もし可能であれば家のリフォームは家を建てた同じ大工さんに頼むことが一番よいと思います。

人には癖があり、タオルのたたみ方や字の書き方と同じように家をつくる大工さんにも癖があり、材の止め方や順番、釘の打ち方などが微妙に違います。
画一的な物ではないため、初めての大工さんが壁を壊してみたら想像と違っていたといった問題を減らすことができます。

永遠のテーマ「外断熱vs内断熱」

雑誌や広告を見ていると目に入ってくる言葉は「外断熱の家」という言葉です。一度整理すると、

外断熱(外張り断熱)

柱などの構造体の外側に断熱材を施工することによって、家全体を断熱材でグルリと囲むことができるため、断熱性能を高めやすいが施工費が高くなる。

内断熱

構造体の間に断熱材を施工することによって断熱をするが、柱や筋交い部分などは断熱材が入らないため、断熱ロスがある。

外断熱においても内断熱においても理論では上記の通りだと考えられます。しかし実際に施工をするのは職人さんのため断熱施工技術の高さによって変化してします。

「外断熱(外張り断熱)」の場合は構造の外側に断熱材を施工するため、経年変化によって断熱材がズレることで外壁もズレやすく、雨漏れの原因になります。対策としては大工さんがしっかりとビス(釘)を施工することです。
「内断熱」の場合は断熱材を雑に詰める大工さんと丁寧に細部まで詰める大工さんでは差がでます。

もっと大きなロスは他にも・・・

断熱は壁だけではなく屋根や床下(基礎)においてもしっかりとした断熱がされていなければ意味がありません。
さらに断熱性能を上げるためには断熱材の数百分の一の断熱性能しかないガラスの面積を小さくする必要があります。しかし、ガラスは冬において太陽光によって大切な熱を室内に届けてくれる役割もしてくれるため、矛盾してしまいます。

家にはシックハウス症候群を避けるため、24時間換気システムの設置が義務づけられています。住宅の場合は1時間あたり、室内の容積の1/2を排出する能力が必要なため、室内の空気をどんどん屋外に出してしまうことになります。

あまりにも深く考えていくと家がどんどん窮屈なものになっていってしまいます。ある程度ゆとりをもって割り切りも必要で、どこまでを望むのか優先順位を付けて決めましょう。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事